最もよくあるご質問

仮想マシンの新規作成を行ったのですが、どうやってこれにアクセスすれば良いのですか?

作成した仮想マシンの名前をお手元のWebブラウザに入力してみてください。例えば仮想マシン名が lampなら Windowsからの場合 http://lamp で、Mac(iPhoneとiPadを含む)や Linuxからの場合 http://lamp.local でアクセスできます。

中級者以上の方へ: WalbrixではIPアドレスの決定をDHCPに全て委ねますので、ホストへのアクセスはホスト名指定で行う必要があります。名前解決は Windowsの場合netbiosで、Linux/Macの場合マルチキャストDNSでそれぞれ行われるようになっています。

Walbrixとは何ですか?
Walbrixは、「誰でも使える」「どんなPCでも使える」をコンセプトに開発されているオペレーティングシステム(OS)です。Windowsや Ubuntu Linuxといったデスクトップ OSと違い、サーバアプリケーションを走らせることに特化されています。Linuxサーバの難解な部分を仮想化技術で隠蔽し、利用者に特別な知識をほとんど要求しないという点で一般的な Linuxディストリビューションとは異なります。
Walbrixは無料なのですか?
はい、Walbrixのライセンスは無料です。
ダウンロード版に限らず、有償提供されるCDメディア版であっても収録されている各ソフトウェアコンポーネントのライセンス条項(例えばGPL)に従う限りその内容を複製して利用・譲渡することは自由です。
誰が何のために Walbrixを開発しているのですか?
Walbrixを開発・サポートしているのは、嶋田 大貴 が代表を務める ワルブリックス株式会社(東京都千代田区)です。Walbrixは、元々は同社の普段行なっている業務から生まれた副産物でした。
同社の Linux及びインターネット、そしてソフトウェア開発に関するノウハウをなるべくひとつの箇所に集積し、かつそれを新しく保つ目的で Walbrixの開発は続けられています。
Walbrixは何と読むのですか?また、名前の意味は?
日本語表記をすると「ワルブリックス」になります。名前の意味は特にありません。造語です。
Walbrixは Windows/Macで動作しますか?
Walbrixはアプリケーションではなくオペレーティングシステム(OS)なので、Windowsや Macで動作させるためには VirtualBoxなどのエミュレータを介する必要があります(推奨はされません)
ハードディスクから Windowsを消さずに Walbrixをインストールできますか?
できません。Windowsが入っているのとは別のハードディスク(外付けでも構いません)や USBメモリに Walbrixをインストールする必要があります。(お使いのPCが追加のハードディスクから起動できるものである必要があります)
余っているハードディスクが手元にありませんし、Windowsを削除したくもありません。マルチブートは出来ないのでしょうか?
Walbrixは誰でも簡単に素早く導入できることを至上の価値として位置づけたうえで作られています。そうです、Ubuntuのインストールよりもはるかに簡単で速いことを誇りにしています。よって、マルチブートをサポートするためにインストーラがユーザにとって難解な「パーティション」なる単語を発しなければならなくなることは、その価値基準に反するのです。
Walbrixを使ってみたいのですが、余っているPCがありません
秋葉原の中古PCショップで、4〜5,000円で Walbrixを動作させるのに十分なスペックの PCを購入できます。また、古いPCは処分に困っている人も多いのでヤフオクを探せば送料の負担だけで譲ってくれる人もいるかもしれません。親戚や友人をあたってみるのも手だと思います。お使いのPCが十分に高性能であれば、VirtualBoxなどのエミュレータを用いる手もあります(推奨はしていませんが)。
無線LANには対応していますか?
Walbrixはそのシステムの性質上、有線LANのみの対応となります。もちろん有線ネットワークにブリッジされた無線LANを通じてWalbrixへアクセスすることは可能です。
インストール時にネットワークの設定が全くできないようなのですが
Walbrixは DHCP環境を前提にしており、あえてユーザに IPアドレスを意識させないようにデザインされています(手動でIPアドレスを設定するには: IPアドレスを固定する方法)。また、カタログからダウンロード出来る仮想アプライアンスの多くはマルチキャストDNS及び Windowsネットワークのブロードキャスト名前解決にてアクセス出来るように初期設定されています。
仮想マシンを新規作成しようとすると「仮想マシンのカタログが取得できません」と言われます
「状態」画面からシステムのIPアドレスを確認してください。169.254で始まるIPアドレスが付いている場合は、ネットワークから自動的にアドレスを取得できなかったことを意味しますので、LANケーブルが正しく接続されていることを確認してください。また、LAN接続端子を複数持つコンピュータをお使いの場合は番号が若い方の端子を用いる必要があります。接続を直したらシステムを再起動してください。
仮想マシン名を指定してアクセスしようとしても応答がありません
何らかの理由で仮想マシンの起動時にIPアドレスを取得出来なかった可能性があります。DHCPサーバ(多くの場合ルータがその役割を兼ねています)が確保している IPアドレスが枯渇していないかどうか確認してください。仮想マシンはそれぞれIPアドレスの割り当てを受けるので、DHCP用に割り当てられた数が少ないと不足してしまうことがあります。
上級者向けになりますが、ネットワーク経由で応答しない仮想マシンのトラブルシューティングについては、仮想マシンのトラブルシューティングをご参照ください。
Walbrixの仮想マシンとして Windowsを動かすことは出来ますか?
CPUが仮想化命令をサポートしていれば出来ます(Walbrixのステータス画面から確認できます)。方法については Xenの HVMに関する資料をご参照いただくか、ワルブリックス株式会社の有償サポートをご依頼ください。
Walbrixは 仮想化環境で動作しますか?
完全仮想化環境のもとでは動作する場合もあるようです。Walbrix自体が仮想化のためのOSですので仮想化環境の中で仮想化環境を走らせることになり、もともと多少無理があることから十分に安定するわけではないとお考えください。
VirtualBoxにWalbrixをインストールできますか?
推奨はできませんが、VirtualBox上で Walbrixを稼働させることは可能なようです。その場合、最新の VirtualBoxをお使いください。仮想マシンの設定では、ネットワークをブリッジモードにしたうえでプロミスキャスモードを許可し、仮想ディスクは PIIXではなく ICHにしてください。
シリアルナンバーとは何ですか?
Walbrixはユーザー登録をすることによりシリアルナンバーが付きます。これは8桁の英数字となります。シリアルナンバーの部分にWBFREE01と表示されている場合それは未登録状態を示しています。未登録で Walbrixを使用し続けることに問題はありませんが、開発元のサポートを受ける際には(有償無償を問わず)シリアルナンバーが必要となる場合があります。
シリアルナンバーの取り扱いについては、シリアルナンバーについてをご確認ください。
ユーティリティからシリアルナンバーを入力し、証明書発行要求(CSR)を生成しました。これの送信先を教えて下さい
にお願いします。
OSをいったん削除してしまいました。同じシリアルナンバーで証明書の再発行は可能ですか?
可能です。最初にCSRを送信した時と同じメールアドレスから新しくCSRを送信してください。ただ、できればユーティリティを使って「秘密鍵」と「証明書」をセットでどこかにバックアップしておくことをお勧めします。これらがセットでバックアップされていれば、OSを入れ直してもユーティリティからリストアすることが可能です。
中央サーバとは何ですか?
中央サーバとは Walbrixユーザーのために設置されたサーバで、シリアルナンバーを持つ Walbrixのみが接続することができます。開発元の遠隔サポートを受けるには中央サーバに接続されている必要があります。また、中央サーバに接続された状態でのみ利用可能なサービスが提供される可能性があります。
中央サーバに接続していると、開発元はシステムにアクセスしてくるのですか?
開発元が中央サーバを経由してユーザーの許可無く Walbrixへアクセスすることは出来ません。(サポートを受ける目的で)開発元からのアクセスを許可するには、開発元の提供する ssh公開鍵を所定の場所に設置する必要があります。そのためには WBUIの「設定」メニューから「ユーティリティ」を使用してください。
Walbrixの初期状態でTCPポートをListenしているプロセスは何ですか?
下記の通りです
  • sshd (22番)
  • xend (8002番:ライブマイグレーション用)
初期状態のWalbrixでは、sshによるログインは出来ません(rootのパスワードを設定するか、公開鍵を設置することでログイン出来るようになります)。また、xenのライブマイグレーションはマルチキャストDNSで .local に逆引き出来る相手側(つまりLAN内の)ホストからしか受け付けません。
WalbrixにSSHでログインするにはどうしたら良いですか?
まずコンソールから直接 rootでログインし、passwdコマンドで rootユーザにパスワードを設定してください。これによって rootユーザが SSHでパスワード(keyboard-interactive)を使ってリモートログインできるようになります。後は必要であれば ~root/.ssh/authorized_keysファイルを置くなどして、/etc/shadowから rootのパスワードを削除するか /etc/sshd_configで制限をかければ鍵交換以外でのSSHログインを禁止できます。
仮想マシンにSSHでアクセスしたいのですが
ユーザー名 root パスワードは Walbrixのシリアルナンバーになっています(未登録状態の Walbrixでは WBFREE01 となります)。パスワードは必要に応じて変更してください。
うっかり Linuxコンソールというものに進んだら真っ黒な画面になり、抜け出せません
login: という表示に続いて root と入力して Enterキーを押し、ログインできたようなら exit と入力して Enterキーを押してください。どうもうまくいかないようなら、CtrlキーとAltキーを押したまま Deleteキーをおすことでシステムを再起動させることが出来ます。
英語キーボードを使っていると、記号などが正しく入力できません。
「設定」メニューでキーボードの種別を日本語か英語のどちらかから選択できますので、英語を選択してください。
仮想マシンを停止したにもかかわらず、「状態」画面で表示される空きメモリ容量が回復しません
申し訳ありません。WBUIの現バージョン(0.1.6)では、仮想マシンを停止しても空きメモリの表示が回復しません。ただし内部的にはメモリは解放されていますので、新たな仮想マシンを起動することが出来るようになっていると思います。
どういうわけか画面が動かなくなり、何もできなくなりました
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。PC本体の電源ボタンを短く押すとシステムが終了処理に入りしばらくしてから自動的に電源が切れますので、再度電源を入れてください。もし電源ボタンを短く押しても終了処理が行われない場合、電源ボタンを長く(4秒ほど)押し続けて強制的に電源を切ってください。
Walbrixのバージョンはどのようになっていますか?
Walbrixでは OS本体のバージョンと WBUIのバージョンがそれぞれ存在します。
OS本体のバージョン表記については、収録している Linuxカーネルのバージョンをそのまま用いています(例:3.6.1)。これは新しいバージョンのインストールCDからアップグレードインストールを行わない限り更新されることはありません。
WBUIについては、「状態」画面からバージョンを確認することができます。
Walbrixのライセンスはどうなっていますか?
ライセンスについては、Walbrixに含まれている各ソフトウェアコンポーネントのライセンスが適用されます(GPLなど)が、ワルブリックス株式会社に著作権の帰するWBUIについてはプロプライエタリとし、利用は自由ですが改変されたものの再配布を禁止させて頂きます。
Walbrixをカスタマイズして特定用途に用いることは出来ますか?
WBUIを改変しない限り自由ですが、カスタマイズ業務については是非 ワルブリックス株式会社へご相談下さい。
Walbrixは何らかの Linuxディストリビューションを基本にしていますか?
はい、Walbrix本体は Gentoo Linuxを基本にしています。但し容量を節約し仮想マシンのコントロールに特化する目的ため Gentoo Linuxとしての機能の多くは削除されています。
仮想アプライアンスについては、ものによって基本になっているディストリビューションが異なります(CentOS, Debian, Gentoo Linuxなど)。
おっす、オラ GPLモヒカン。ソースコードはどこですか?
DVDメディアの場合、/distfiles 以下に収録されています。CDメディアをご購入の場合は、付録のmicroSDカードに収録してあります。もっとも、大抵のユーザはこれを削除して microSDカードを他の目的に転用することになるかと思いますが、GPLはソースコードをバイナリ受領者に「押し付ける」ことを義務としてはいないため問題にならないと考えています。