シリアルナンバーとは

Walbrixには英大文字と数字で8桁のシリアルナンバーをセットすることが可能です。これは主に開発元がサポートを目的として発行するもので、シリアルナンバーの有無によって Walbrixの機能に違いがあるわけでは(現在のところ)ありません。

シリアルナンバーのセットされた Walbrixは「中央サーバ」と呼ばれる、開発元の運営するサーバに接続できます。開発元はこの中央サーバを経由してサポートサービスをします。

サポートを受ける受けないにかかわらず、Walbrixにシリアルナンバーをセットすること自体に何らコストはかかりません。

シリアルナンバーの取得

Walbrixを開発元からCDなどのメディアで取得した場合、シリアルナンバーが同梱されています。ダウンロードした場合や複数台に Walbrixを導入する場合、Twitterで @wbsupport をフォローし、「シリアルナンバー発行希望」の旨を @で Tweetするか、WalbrixサポートフォーラムWalbrixサポート担当にシリアルナンバーの発行を依頼してください。折り返しプライベートメッセージでシリアルナンバーをお送りします。

シリアルナンバーを Walbrixにセットする

シリアルナンバーを有効にするには、開発元より「証明書」の発行を受ける必要があります。証明書の発行手順は下記の通りです。証明書の発行は無料で行っています。

インストール直後の WalbrixにデフォルトでセットされているシリアルナンバーWBFREE01では証明書の発行を受けられません。シリアルナンバーの発行を開発元へ先に依頼してください。

上記操作を行うには、「ユーティリティ」を使用します。「設定」メニューの「ユーティリティ」からユーティリティを起動することができます。ユーティリティを起動すると URLが表示されますので、Webブラウザからアクセスしてください。

Webブラウザでユーティリティを開くことが出来たら、「証明書の管理」タブから「CSRの発行」で、シリアルナンバーを入力してCSRを発行してください。シリアルナンバーに使用する英文字は大文字小文字を区別しますのでご注意ください。

発行されたCSRはメールにコピー&ペーストしてへ送信してください。

CSRが正しければ、開発元から証明書が返送されます(現在の所手動で処理しておりますので多少お時間を頂くことがあります)ので、再度ユーティリティを起動し「証明書の管理」タブにある「クライアント証明書のインストール」から ----BEGIN CERTIFICATE----- から -----END CERTIFICATE----- までの部分をコピー&ペーストでセットしてください。

上記の手順が正しく行われれば、Walbrixにシリアルナンバーがセットされ「設定」メニューから「中央サーバへの接続」で中央サーバへ接続できるようになります。