concrete5は公開Webサイト又はイントラネットに利用できる、オープンソースのコンテンツマネージメントシステム(CMS)です。

concrete5は最小の知識で簡単に利用できるように設計されており、ユーザーは画面上から直接ページの内容を編集することができます。 またバージョン管理が行われるようになっており、変更を取り消してページを以前の内容に戻したり出来ることも特徴のひとつです。

concrete5の利用

技術メモ by Walbrixの中の人

concrete5ではパスワードを適当なsalt付きのMD5値でデータベースに保存しています。理想的にはインスタンスごとにユニークなsaltを使うべきなんですが、仮想アプライアンスというものの性質上どうしても配布物に同じsaltが埋め込まれることになってしまいます。他の仮想アプライアンスでは出来れば初回起動時にsaltを生成しなおしてパスワードハッシュもそれにしたがって上書きするという健気な工作をしてるんですが、それが難しい場合はやむを得ないということにしています。そもそも、攻撃者にとっては本当に居るのかどうかすらよくわからん Walbrixユーザーを狙うためにものすごい時間をかけて計算済みハッシュを用意する意味が無いわけですからね。

(中の人)