Zabbixとは

ZABBIXは、ネットワーク上に存在するサーバ、ネットワーク機器の動作状況を監視する統合監視ソフトウェアです。Webサーバやメールサーバ、ファイルサーバにグループウェアと、いくつものサーバが稼働している環境では、それぞれのサーバがきちんと動いていることをチェックし続けるのは大変ですが、ZABBIXのような統合監視ソフトウェアがあれば、すべてのサーバの状況を一目で把握できます。

監視対象はLinuxサーバ、WindowsサーバのほかにSNMPに対応したネットワーク機器やApache、Tomcat、Oracleなどのアプリケーション。PINGによる単純な稼働チェックだけではなくアプリケーションの動作もチェックできるので、サーバは立ち上がっているけどアプリケーションではエラーが発生している、等という状況でもきちんとエラーを把握できます。

Linuxサーバ、Windowsサーバの監視には専用のエージェントを使用します。CPU、ネットワーク、ディスク、各種サービスの稼働状況を詳細にモニタリングし、収集された情報はZABBIXサーバへと送信されます。Linuxサーバのエージェントは、CentOSなどのRedHat系ではRPM、UbuntuなどのDebian系ではapt-getで簡単に導入できるようになっているので、サーバ台数が多くても作業は難しくありません。

フリーソフトウェアでありながら、高機能なダッシュボードが備わっています。現在の稼働状況を一画面にまとめ、障害の有無や障害発生からの経過時間などをチェックできます。また、よく参照するグラフを登録すれば、気になっている項目をダッシュボードでまとめてチェックできるようになります。

メールアドレスを登録することで、障害発生をメールで通知することも可能です。監視画面とにらめっこしなくても、サーバ障害に気づかないまま放置してしまうことはありません。

Walbrixを使って簡単に Zabbixを導入

通常、Zabbixをインストールして動かすためには Apache、PHP、MySQLといったサーバーの知識が必要ですが、余っているパソコンにほんの15分で Walbrixオペレーティングシステムをインストールすれば知識不要ですぐに Zabbixを利用できます。

Walbrixのインストール

Walbrixは、普通のパソコンをあっという間にサーバにしてしまうことができる無料の OSです。他の Linux系 OSとは違って知識は不要、日本で開発しているのでメッセージはもちろん日本語、古いパソコンでも十分動作します。

Walbrixのインストール手順を見る

Walbrixで Zabbixをダウンロード

仮想マシン→新規作成→Zabbix

仮想マシンの説明を確認

名前・メモリ容量・HD容量を決定(デフォルトのままでOK)

ダウンロード中

ダウンロードが終了すると仮想マシンが起動

ブラウザでアクセス。仮想マシン名が zabbixなら http://zabbix(Windowsの場合)又は http://zabbix.local(Linux,Macの場合)

Walbrix版Zabbixは最初から日本語設定

Walbrix版Zabbixは導入時から日本語表示の設定になっており安心です。特にグラフ内の日本語表示にはシステムにフォントを導入したりなどの作業が通常は必要ですが Walbrixならそれも設定済みです。

利用例

1.管理者でログイン

準備ができたらさっそくZABBIXにログインし、監視対象となるサーバの情報を登録しましょう。

管理者用IDは admin、パスワードは zabbix として初期設定されています。



2.ホストの登録

ログインしたら、監視対象ホストを登録するため「設定」→「ホスト」を開きましょう。

画面右上の「ホストの作成」ボタンをクリックし、ホスト登録画面に進みます。

「名前」、「グループ」はZABBIX上で表示するためのものなので、自分でわかりやすいものを設定しましょう。

「IPアドレス」には監視対象ホストのIPアドレスを入力します。

「リンクしているテンプレート」欄の「追加」ボタンをクリックし、監視対象にもっとも近いテンプレートを選択すれば、一般的な監視項目を一括設定できます。

3.ホストの確認

ホストを登録したら、ダッシュボードを見てみましょう。ダッシュボードを表示するには「監視データ」→「ダッシュボード」を選択します。

ダッシュボードを開くと、現在の監視状況が表示されます。

4.不要な監視の無効化

ホスト登録時に選択したテンプレートによっては、実際には稼働していないサービスが監視対象となっている場合があります。その場合、該当するサービスに関して障害情報が表示されます。

「設定」→「ホスト」画面を開き、稼働していないサービスに関する監視を無効化することで、不要な障害表示を停止できます。